プリザーブドフラワーの魅力とは

贈り物として人気のあるプリザーブドフラワー
では、その魅力とは一体どのようなところなのか気になっている人もいるはず。
一番の魅力は、最新の保存加工技術を用いているため、美しいまま保つことが出来るところ。
生花はどんなに手間をかけても数週間したら、枯れてしまいます。
美しいまま保つことのできるお花なんて、なんだか魔法がかけられているような感じがしませんか?
また、お水を与える必要もないので扱いやすいのも魅力の一つになっています。


プリザーブドフラワーは初心者でもOK

プリザーブドフラワーは非常に扱いやすいので、初心者でも安心して扱えますよ。
面倒なこともないし湿気や水気を避けた場所に飾るだけでいいので、扱いやすいです。
でも、直射日光には弱いので日の当たる場所には置かないようにしてあげて下さいね。
ホコリなどが付かないよう、透明なケースに入れて保存してあげると更に長く保てるのだとか。
繊細なので、出来るだけ生花と同じように扱ってあげるのが良いでしょう。


どんなことにいいですか?

プリザーブドフラワーは、誰かに贈ったり自宅に飾ったり色々な用途がありますので、どこでも活躍をしてくれますよ。
最近は、結婚式のブーケとしても活躍をしているみたいです。
少しずつプリザーブドフラワーが身近なものになってきているようですね。
もしかしたら、お花屋さんではなくて専門店が駅前に出来たりするかもしれませんね!

Posted in: プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーはアレンジの仕方で大きく変わる

普段からお花を楽しんでいる方なら、アレンジの仕方次第で大きくイメージが変わってくることを知っていると思います。
同じお花や入れ物を使用していても、どんなものをアクセントにするのかどんなデザインに仕上げるのか。その点が異なるだけでも大きくアレンジが変わってきて楽しいものです。それはプリザーブドフラワーも全く同じで、アレンジの仕方によって贈る相手の幅を広げることが出来ます。上品な感じに仕上げたいのであれば、白や紺を基調としたデザインにすることで年配の方や男性への贈り物として渡すことが出来ます。女性に渡すなら、ピンクや赤などのプリザーブドフラワーを選ぶと良いです。現在では、ブルーやグリーン・オレンジなど様々なカラーバリエーションがあるので、色を楽しむことから始めるのが良いかもしれませんね。


和風のプリザーブドフラワーで還暦祝いを

アレンジの仕方で大きく変わってくると言いましたが、最近では和風アレンジが人気となっています。
和風アレンジとはどんなものなのかというと、黒い籠の中にプリザーブドフラワーが飾られているとか、アクセントにかんざしのようなものが添えられているものです。誰が見ても落ち着いていて上品な雰囲気が伝わってくるもので、こちらは年配の女性や男性におすすめです。還暦祝いや敬老の日などにピッタリなので、ぜひ一度検索してご覧になってみてはいかがでしょうか。和風アレンジの仕方はお店によって異なってきますから、出来るだけ複数の店舗をチェックした方が良いです。もし、気になる商品を見つけた場合は、すぐに決めて注文してしまうのではなくて色々候補を見つけて、その中から選ぶようにしてみて下さいね。


マスコットが添えられている商品を結婚祝いに

商品の中にはマスコットが添えられているものもあります。
特に多くなっているのがクマのマスコットで、多くの方から人気を集めています。実は、ただ添えているだけではなくてきちんと意味があるのです。マスコットには「幸運をもたらすもの」と言われています。身近に置いて愛玩する小動物や人形が対象となっています。そういった意味合いから、結婚祝いの為に贈られるプリザーブドフラワーは、クマのマスコットが添えられているのです。ですから、結婚祝いにプリザーブドフラワーを贈る際には、マスコットが添えられている商品を選んでみるのが良いです。幸運を運んでもらって、いつまでも幸せに過ごしてもらえるように思いを込めて渡してみて。また、結婚祝いだけではなく子供が入院している時のお見舞いのお花としても人気があります。

Posted in: プリザーブドフラワー

異性に贈るプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、異性への贈り物としても優れています。
男性にしても女性にしても、花を贈るというのは非日常的で特別な行為かもしれません。
しかし、プリザーブドフラワーのほうが絶対に良いということはなく、生花にも魅力的な点はあります。
2つの花と、男性女性を比べてみることが重要です。


プリザーブドフラワーの強み

プリザーブドフラワーを贈り物に選ぶ場合、花の手入れが面倒な方に向いています。
花を近くで眺めていたいけれど、手入れはしたくないという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方へプレゼントしやすいのが、水やりする必要もなく窓際に置く必要もないこの花です。
埃が積もってしまうことだけに気をつけてケースなど保存状態が良ければ、5年もその美しさを保つようです。


生花ならではの良さもある

しかし、なかには生花が良いという方もいらっしゃいます。
プリザーブドフラワーは長期間咲き続けるのがその魅力の1つですが、却って処理しづらいと思う方もいるようです。
生花はいくら手入れをしてもいつか自然に枯れてしまいます。
だからこそ良いという方もいらっしゃいますし、枯れたら捨てるという手軽さのようなものがあります。

こういった2つの花の特徴をご存知になった上で、贈る相手のことも考えて選ぶことが出来ればそれが一番でしょう。

Posted in: プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーはいろんなシチュエーションに強い

プリザーブドフラワーは人工の手が加わっている特殊なお花です。

その生成方法には手間や時間がかかっており、その用いる意図も生花とは少し変わってきます。

プリザーブドフラワーはどんな時に使えるのでしょう。どんな生花とは違うポイントがあるのか知っておかないと手元に置くことはできませんよね。

プリザーブドにしかない強みを活かして、ギフトなどで用いましょう。


プリザーブドフラワーはギフトに最適

なんといってもその長く、枯れたりすることなくきれいな姿を長く保ってくれる特性がありますからそれを活かしてギフトに贈るのはいかがでしょう。

お花の種類も多く、さまざまなシチュエーションに対応できるため、きっと贈るお相手にも喜んでいただけるでしょう。


花粉やにおいの心配もない

プリザーブドフラワーには花粉がありませんから、お花が苦手な体質、アレルギーなどをお持ちの方でも安心です。

また、これを活かせばお見舞いのときに病院に持っていくこともできますよね。相手を選ばないというのも、プリザーブドフラワーの大きな強みだといえます。

ですが注意しておきたいのが、その特殊な加工などの理由で生花よりお値段が割増になる点です。ですが長く楽しめるところを思えば、決して高い買い物ではないかもしれませんよね。

Posted in: プリザーブドフラワー

保証もある通販がお得なプリザーブドフラワー

同じところで購入しなくても、前に購入したプリザーブドフラワーがあれば買い足すだけでもつくれます。


<バランスを見て>

もし、手作りしようと考えてバラバラで購入した際、あまってしまうこともあります。余ってしまってもプリザーブドフラワーは生花より長持ちなので、バランスを考えて買い足せば、また新たに完成させることができ、無駄がありません。しかし、適当に買い足しては意味がありません。通販であれば、キットなども多く販売しているため、目安にもできます。余ってしまっているものを使った完成品を見て、買い足せば、バランスもよく、いいものができます。


<いつの物か覚えておく>

お店で購入した場合、すぐにわたすことがほとんどかもしれませんが、通販で購入し、自信で作るとなると、いつ購入したのか大切な事です。特に、バラバラで購入した場合には、また新たに作るときにいつの物かわからないと、極端に前の物だと変色などが始まった際、バランスが悪くなってしまうこともあります。さらに、保管の仕方が悪いと劣化が早くなってしまうため、一か所だけやたらと早く見た目に変化が表れてしまうなんてこともあります。通販で購入の際にもプリザーブドフラワーの購入日などわかるようにしておきます。

Posted in: プリザーブドフラワー

風水から見たプリザーブドフラワー。人気ある店で選んでみよう

プリザーブドフラワーは確かに元は花ですが、長く飾れることや、いろいろなデザインが凝らされていることなどを考えれば、もはや、インテリアですね。実際、インテリアのひとつとして、家具を売っている場所で売られていたりもします。
そこで、ひとによっては気になることがひとつ。ネット上でも、よく取り上げられている問題です。
プリザーブドフラワーって、風水的にはどういったことになるのでしょうか?


<風水から見たプリザーブドフラワー>

答えは風水をかじったことがある方ならよくご存じでしょう。生花よりはパワーが半減しますが、決してNGではありません。むしろ、プリザーブドフラワーは色が自由に変えられるので、色が大事な風水ではいいアイテムかもしれません。


<人気ある店は色選びもサービス>

プリザーブドフラワーの人気ある店はよく、好きな色を選べるというサービスも行っています。デザインが気に入ったのに、色がイマイチ、っていうときもありますから、選べるのは嬉しいサービスですよね。それができるからこその、人気ある店なんですね。
風水的には、黄色が金運上昇の色だそうです。個人的には、黄色のバラのインテリアを西に置く、なんていいな、と思いますが、あなたはいかがですか?

Posted in: プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーを自分で作ってみよう

プリザーブドフラワーはプレゼントなどで非常に高い人気があるそうです。お花を自分で組み立てて形を作りアレンジメントを行うのですが、もし自分で作れるとしたらどうでしょうか?やってみたいと思ったことがある人は多いかと思います。


-プリザーブドフラワー作成キットが売っている-

プリザーブドフラワーの作成キットでは、初心者向けとして薔薇の一輪挿しなども販売されています。バラは芯となる中心の部分だけが出来上がっており、そこに花びらを自分で糊付けしていくものです。開き具合なども自分の好みに調整できますから、花弁とのバランスや全体のフォルムなどを考えてチャレンジしてみてください。慣れてきたら、お花の数の多いものにチャレンジしてみましょう。


-自分でアレンジを加えるのもOK-

一輪挿しで売られているものでも、花器などを自分で購入してアレンジメントを加えるもの楽しいのだそうです。花びらの数などを自分で決めることもできますし、一輪挿しくらい大きなバラを複数使ったアレンジメントもたくさんあります。作った後のアレンジメントも無限に広がっているのがプリザーブドフラワーの楽しみです。自分で作ったものを母の日などに家族へプレゼントする人も増えていると言われています。

Posted in: プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーを使ってガーデニングを

皆さんの中にはガーデニングを楽しんでいる人もいますよね。
ちょっとしたスペースを利用して、生花を育てている人もいると思いますがうまく育てることが出来ないとガーデニングは難しいですよね・・・。
そんな時は、プリザーブドフラワーでガーデニング気分を味わってみませんか?
お手入れの仕方も簡単ですから、すぐに始めることが出来てオススメですよ。
ただ、直射日光に弱いので日陰に置いてあげなければいけませんが・・・!


プリザーブドフラワーを室内で

プリザーブドフラワーを室内に置いて、ガーデニング気分を味わうのもいいですね。
本来なら外において飾るものですが、プリザーブドフラワーはそういうお花ではないので基本的に室内で飾ることになります。
リビングに少し飾ってみるとか、棚に少しだけ並べて置いてみるとか工夫をするとまるでお花屋さんのようになってお部屋の雰囲気も変わるはずです。
楽しみ方は人によって違いますから、色々な楽しみ方を探してみましょう!


どのようなお花をそろえる?

プリザーブドフラワーは色々な種類がありますから、選ぶのも少々悩んでしまうかも。
似たような色でそろえてもいいですし、自分の好きなお花だけでそろえるのもアリ。
変わった色のお花もありますから、それだけで飾るっていうのもいいと思います。
バリエーション豊富なので、色々比較をしながら自分の自宅に飾りたいプリザーブドフラワーを選ぶようにしてみて。
迷った時は、店員さんに聞いてみるのもOK。

Posted in: プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは本当に安心?

花粉症を患っている人や香りの強いものが苦手な人からすれば、プリザーブドフラワーって本当に安心なの?と疑っている人も少なくないのでは?
でも、本当に何も香りが無いですし花粉も無いので安心して自宅に飾ることが出来ます。
花粉症の人もくしゃみとかでないですし、香りもしないのでそのまま飾れますよ。
扱い方も簡単で面倒なことは何もないので、初心者でも全然大丈夫ですよ。
また、永年保つことが出来るからいつまでも楽しむことが出来ます。


プリザーブドフラワーに少しだけ匂いを付けたい

中には少しだけ匂いを付けたいという人は、スプレーなどで少し匂いを付けてみるのもいいと思いますよ。
ただ、その際にはプリザーブドフラワーに害のないものを吹きかけてあげて下さい。
お花も私たちと同じで精いっぱい生きているものですからね。
お花が好きな人やこだわりのある人は気温などにも気を使っているみたいですよ。
でも、そのまま飾っているだけでも大丈夫なので、自由に飾ってみて・


お水を与えてはいけない

プリザーブドフラワーには、お水を与えてはいけないことになっているので注意して。
お水をあげてしまうと脱色してしまって、お花を美しく保てなくなってしまいます。
だから水気や湿気を避けるように言われているのだと思いますよ。
生花はお水を与えなければいけませんが、プリザーブドフラワーは違うので最初に取扱い方についてチェックしておくのがベスト。

Posted in: プリザーブドフラワー

もしプリザーブドフラワーにホコリがついてしまったら?

プリザーブドフラワーを自宅に飾っている人も多いのでしょうか。
そのまま玄関とかリビングに飾っている人が多いのではないかと思うのですが、何か気を付けている事ってありますか?
そのまま飾っていると最初はいいかもしれませんが、時間がたつとホコリなどがついてしまう事もありますよね。
その時に手で払ってしまうのは良くないと言われているので避けるようにしましょう。


プリザーブドフラワーは繊細だから

プリザーブドフラワーは生花と同じように繊細なものなので、素手で触れない方がいいです。
もし、ホコリやゴミがついてしまった場合は、柔らかい素材のタオルなどでそっと払ってあげるのがいいみたいですよ。
素手で触れてしまうと花びらが傷んでしまうそうなので、素手で触れるのだけは避けること。
タオルじゃなくてハンカチでも大丈夫だと思いますよ。


ケースに入れて保存しよう

プリザーブドフラワーはそのまま飾るのではなくて、何か透明なケースに入れて飾るのが一番良いと言われているみたいですよ。
その方がホコリなどもつきませんし、美しいまま保つことが出来るのでおすすめです。
置き場所を変える時も楽に持ち運びが出来るので、入れておくのが良いかもしれません。
透明ケースだったら入れたままでもみることが出来るから、一石二鳥なのではないでしょうか?

Posted in: プリザーブドフラワー

お花が好きな人はぜひプリザーブドフラワーを

女性でも男性でもお花が好きな人は多いと思いますが、そんな人にはプリザーブドフラワーがオススメなんです。
枯れにくいですから、長い間楽しみながら飾ることが出来ます。
色も豊富ですしお花の種類も多くありますから、きっと自分の気に入った商品を見つけられるはず。
数多くありますから、選べる楽しさがあります。
購入まで行かなくても見ているだけでも楽しいですし、きれいなので見入ってしまいますよ。


プリザーブドフラワーを美しく保つために

プリザーブドフラワーを少しでも長く保つには、何かケースに入れて飾っておくのがいいそうです。
透明ケースの中に入れておけば、そのままでも見られますしごみもつきません。
色の変化も少しずつ変わってくるので、とてもいい飾り方なのではないでしょうか。
また、湿気や水気を避けるようにして飾ってあげると長持ちしやすいです。
お花が好きな人なら、いつまでも美しいまま保存しておきたいですよね!


評判について調べてみて

初めてプリザーブドフラワーを購入しようか考えている人は、どんなふうに保てばいいのかなど詳しいことについてよく分かりませんよね。
その時は、評判とか口コミについて調べておくのがいいでしょう。
お店によって評判とか口コミが変わってくるかと思いますが、プリザーブドフラワーについては近いものがあるはずです。
こんなお花がおすすめとか、こうしたら美しいまま保てたなどそういった情報を集めるのがいいですよ。

Posted in: プリザーブドフラワー